男の人と女の人

近年増えている痛風|食事やサプリメントで改善できます

継続して改善しましょう

料理

毎日気を付けたいこと

痛風は血液中の尿酸値が高くなり、体の各部分に激痛の発作が起こる病気です。痛風は薬や食事で治療していきます。痛風といって浮かぶのがプリン体ですが、プリン体が多く含まれる食品は控えめにすることがポイントです。えびやかつおやレバー、魚卵などはたくさん含まれるので注意しましょう。またビールにもプリン体が多いといわれていますが、他のアルコール類も激痛の発作を誘引させる働きがあるので取りすぎに注意することが大事です。反対に水分は尿酸を排出させるので、他の人よりもやや多めの1日2リットルほどの水分摂取が理想的です。このとき気を付けるのは、カロリーの多いジュースなどに頼らないということです。ジュースは更に尿酸値を上げてしまうので、カロリーのないお茶などで水分補給を行います。海藻や大豆食品、きのこなどは尿の中に乳酸が溶けやすくするので、食事の中に取り入れるようにしましょう。痛風にならないようにする成分で有名なのはアンセリンです。尿酸を排出する働きや、体の中のプリン体が尿酸に変化するのを抑制します。またドコサヘキサエン酸は、血液をサラサラにして健康的な体作りに有効な成分です。アンセリンやドコサヘキサエン酸は魚に含まれますが、食事の中に多くの魚を取り入れるとプリン体を過剰に摂取してしまうためサプリメントとしての摂取が安心です。毎日の食事に気をつけながら、痛風に効果のあるサプリメントを取り入れて改善させることができます。