女性

近年増えている痛風|食事やサプリメントで改善できます

病気の改善方法

和食

食生活の改善とサプリ

かかってしまうとたいへんつらい症状がある病気の一つとして、痛風が挙げられます。痛風を改善するためには、まず第一に食事に気をつけなければなりません。控えるべき食事とは、プリン体が含まれているものです。例えばレバーやいくらなどの魚の卵、かつおやエビなどにプリン体が多く含まれています。またアルコール類も控える必要があります。アルコールには尿酸をつくり出す働きがあるだけではなく、体の中にためてしまうため痛風の症状を悪化させます。一方で積極的に摂取したいものには、1日2リットル程度の水やお茶などの水分です。水分をたくさんとると、尿酸を体外に排出するのにたいへん効果的です。また海藻やきのこ、納豆や豆腐などの大豆製品が豊富に入った食事をとるように心がけてください。このような食事には尿をアルカリ性にする働きがあり、尿酸を排出するのに役立ちます。痛風の改善には食生活の改善が必要不可欠となりますが、仕事などで忙しい人ならいつも食事に気を使うことが難しいかもしれません。そんな人には便利なサプリメントも併用することをおすすめします。痛風に効果的な有効成分としては、葉酸やビタミンC、サポニンなどが挙げられます。葉酸には尿酸値を下げる働きがあり、ビタミンCは尿酸を排出します。またサポニンにはコレステロールの減少や尿酸を排出する働きがあります。食事の改善に加えて、これらの有効成分が配合されたサプリメントを併用してぜひ痛風を治してください。

料理

継続して改善しましょう

尿酸値が高くなると痛風になり、激痛を伴う発作が起こります。痛風は避けたい食品と取り入れたい食品に気を付けて、食事をすることが大事です。また尿酸を排出させる有効成分をサプリメントで取り入れる事で改善が望めます。

食事

BMIと尿酸値がポイント

肥満と尿酸値の上昇を防ぐような食生活を心がけることが、痛風の改善に繋がります。野菜、果物、海藻類は低カロリーなので肥満を防げます。中でもアルカリ性食品を中心とした食事を取るようにすると尿酸値を下げる効果も得られるのでおすすめです。

和食

健康的な生活

猛烈な痛みを伴うのが痛風ですが、食事を工夫することで症状は改善に向かいます。プリン体の摂取を極限まで抑えて、水分の摂取と運動を心掛けて下さい。また、症状が悪化してしまうと、発作を引き起こしてしまう可能性があるだけでなく、尿管結石になる場合もあるため、注意しましょう。